6月17日 大阪 淀屋橋 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 火の玉ストレート
『火の玉ストレート』
06月17日(水)大阪 淀屋橋 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

野球…本格的にしたことはないですが、
見るのも、するのも、好きです。
さすがに、草野球チームに所属したり…まではしていませんけどね。

野球中継を見ていると、解説の方がよく言っていますね。
「緩急をつけたピッチングが素晴らしい」

火の玉ストレート

速いストレートを投げたと思ったら、
スピードの遅い変化球を投げる…
そうやって、打者の目を慣れさせないようにする…

ということで合ってますか?!
いやー、不安だ…

プロの打者だと、いくら速い直球でも、鋭く曲がる変化球でも、
同じボールを何度も続けると、打たれてしまいますよね。

中国語で、質問をしてみました。
通じません…
どうしますか?

自分の発音が悪いのか、表現方法を間違えているのか…

火の玉ストレート

そういうときは、違う方法を試してみませんか?
同じことをずっと続けても、やっぱり通じにくいですよ。

もしも、同じ意味の単語を知っていれば、そちらを言ってみたり、
表現方法を変えてみたり…

相手に通じさせる、ということを念頭において、
「緩急を使い分けて」くださいね。