7月17日 大阪 難波 Bコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 風味付け
『風味付け』
07月17日(木)大阪 難波 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

この仕事を始めるまで、8年間、ホテルで働いておりました。
神戸のホテルでしたから、ご宿泊になる方は、
どうしても、関東の方が多かったですね。

チェックアウトの時のロビーなんて、
やはり、関東の言葉が飛び交います。

私は、東京生まれ、山口育ちなんですね。
5歳で、山口に引っ越しましたが、そこで、一番の問題が『言葉』だったのです。

風味付け

そりゃ、いじめられましたよ。
「言葉が違う」と。

封建的な街、ということもあったのでしょう。
完全にアウェイ、完全によそ者でしたね。

二十歳過ぎに、熊本で過ごしたときは、いの一番に、熊本弁を覚えました。
すると、山口以上に封建的な街でも、受け入れてもらえたのです。

幼少の頃の記憶が、私に『言葉を覚えて仲間になれ』
と、命じたのでしょうね。

チェックアウト時のロビーは、やまり、少し懐かしい言葉です。

風味付け

中国語でも、言葉のちょっとした違いで、地域の違いが出たりします。
特に、台湾風味を醸し出そうと思えば、ちょっとしたことでOKです。

言葉が違って、台湾でいじめられたりすることはないでしょうが、
北京語に触れながら、台湾風味を出してみる、というのも、
また、面白いのではないでしょうか。