5月26日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 必殺技が中国語には通用しない!
『必殺技が中国語には通用しない!』
05月26日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

ど忘れ…ありますよね。
「えーと…ほらほら、あれあれ…ここまで出てるんやけど…」

私、芸能人さんの名前とか、ハナから知らないものですから、
ど忘れのしようも、無いわけなのです。

覚えてるものを忘れてしまう、ことが、
「ど忘れ」ですよね。

必殺技が中国語には通用しない!

「えっと…あの漢字…どうだったっけな~…」
日本語なら、こういう時、たいそう便利です。

『必殺!ひらがなで書いてしまえ作戦!』
が、炸裂するだけのお話です。

中国語なら、そうはいかないのです。
考えてみたら、中国の子供たちは大変ですよね。

最初から漢字を書かないといけないんですよ。
難しい名前の人も、自分の名前を漢字でかかなくちゃならない…
これは、高すぎるハードルのような気がしますね。

必殺技が中国語には通用しない!

なので、中国語に関して『漢字のど忘れ』は、許されなくなってしまうのです。
レッスンでも、よく耳にしますよ。

『え~漢字が書けない…』
でもですね、思うんですよ。
「話すことができたらええやん」と。

中国語を耳で聞いて、話すことができて、伝えられる、
それができたら、もう100点ですよ!