12月11日 大阪 梅田 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 本音の聞きだし方?
『本音の聞きだし方?』
12月11日(水)大阪 梅田 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

テレビ番組では、少し前に「やらせ」で世間をにぎわせましたね。
一昔前では「仕込み」という言葉だったような気がします。

「やらせ」「仕込み」は、紙一重ですよね。
「仕込み」が行き過ぎると「やらせ」になってしまいますね。

許される部分と、許されない部分がありますね。
そのボーダーラインが非常に難しいわけです。

本音の聞きだし方?

さて、『嘘も方便』とは、よく言う話ですね。
この、嘘も、「許される嘘」と「そうでない嘘」の
線引きも、また、難しいですよね。

レッスンでは、中国語で、皆様のことをお伺いするシーンもあります。
・クリスマスは、ケーキを食べますか?
・お正月は、どう過ごされますか?

日本語で同じ質問があれば、答えたくない時は、
きっと、笑ってごまかしたり、適当にお答えになるはずです。

それが、中国語だと、非常に興味深いのです。
皆様、大抵、本当のことを言おうとしてくださるのです。

本音の聞きだし方?

どうしてでしょうね。
お伺いすると、どうも
『中国語を考えることで精一杯』になってしまうそうです。

上手な嘘をつく、という脳みそを働かせる余裕が
なくなってしまうのでしょうね。

本音を聞きたい方、中国語で聞く、というのは、いかがですか?