12月9日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 裏技!大げさ!?
『裏技!大げさ!?』
12月09日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

中国語は、世界の文字の中でも、数少ない『表意文字』です。
その昔、広い中国を統一できたのも、
この『漢字』があったからこそ、だと聞いたこともあります。

広い国だと、方言も様々で、発音も様々なんですね。
それでも、『漢字』という共通の文字があったからこそ、
遠くの人でも、意思の疎通ができ、
それが、統一への足掛かりになった、というんですね。

裏技!大げさ!?

そう思えば、
「たかが漢字、されど漢字」ですよね。

日本語は漢字という「表意文字」
ひらがな、カタカナという「表音文字」
を使い分けています。

名前を付けるときも、表意文字が好まれるのは、
漢字一文字一文字に意味があるからでしょう。

さて、日本漢字、中国漢字に共通した、ちょっとした裏技を。

読み方がわからない漢字は、
それと同じパーツをもつ漢字の読み方と同じケースが多いんです。

裏技!大げさ!?

例えば、「環」「還」同じパーツを持ちますよね。
音読みでは、同じ「カン」ですね。

実は、中国語でも、この二文字、全く同じ読みなのです。
全ての漢字に当てはまるわけではないですが、
けっこう有効なテクニックですよ。

え?裏技というには、大げさ?