11月3日 新大阪 入門コース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 親近感
『親近感』
11月03日(日)新大阪 入門コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

漢字を使っている我々は、やはり大きなアドバンテージです。
私の母・姉は、中国語を話せません。

しかし、今、中国の新聞を渡したら、
多分、半分くらいの意味は、理解できてしまうと思うのです。

親近感

『漢字の意味を知っているから』です。

留学時代、様々な国籍の人がいました。
韓国・モンゴル・ロシア・モーリシャス・ヨルダン…

漢字圏ではない人は、
「漢字を把握すること」
から、スタートなのです。

我々が、小学低学年でしていた
「方眼紙に、漢字の書き取り」
から、一生懸命取り組んでいました。

事実、今日のレッスンでもこんな声を耳にしました。

『日本語と同じ単語は、すんなり頭に入るのです』

親近感

もちろん、読み方は、異なります。
それでも、「覚えやすい」ということなのです。

発音を覚えるだけで良いですし、
何と言っても、身近に感じる単語なのでしょう。

中国語を、もっと身近に感じて、一緒に触れていきましょう!