7月17日 大阪 淀屋橋 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > とっておきの二つ…
『とっておきの二つ…』
07月17日(水)大阪 淀屋橋 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

『え?池村さん、今の発音、もう一度お願いします』
これは、嬉しかったですね。

というのも…
中国語は、音読み、訓読み、みたいなものが無いんですね。
言わば「音読み」一本やりなのです。

とっておきの二つ…

日本語なら、複数の読みを持つ漢字が、無数に存在します。
中国語は、基本的に、一漢字に対し読み方も一つなんですね。

アクセントが変化することも「通常」無いのです。

しかし、そんな漢字でも、「二つ」だけ、変化するものが
存在するのです。

難しい理論を言うことは、できるだけ避けていますので、
何も言わずに、発音をしていました。

というところで、冒頭のセリフが来たのです。
これは、かなり、嬉しかったですよ。

とっておきの二つ…

ご参加の方に、その違いをきちんと聞き取っていただけたこと、
きちんと興味を持っていただけていること、
それに、感謝です。

せっかく、聞き取っていただけましたので、
そこから、その「二つ」の漢字について説明をいたしました。

『鉄は熱いうちに打て』
そうして、少しずつ、頭に残していってくださいね!