神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > カルチャーショック…感じますか?!
『カルチャーショック…感じますか?!』
01月09日(水) 大阪 淀屋橋 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

China Styleでは、ただ言葉をレッスンすればいい、とは、考えておりません。
何と言っても、「楽しく中国語に慣れる」ということを第一に考えております。

中国語は習っているけど、中国には行ったことがない、という方もいらっしゃいます。
中国には旅行で行ったことはあるけれど、
住んだことはないという方もいらっしゃいます。

カルチャーショック…感じますか?!

せっかく、中国語を習っているのですから、
『中国』を知っていただきたい、と思っております。

私は、中国へ旅行でも行ったことがあります。
祖母や、父・母とも、数回行きました。

旅行で見る中国、と、住んでみて感じるそれとは、全く違うんですね。
旅行には旅行の良さ、住んでみるとその良さがあります。

多くの方は、
『旅行はあるけれど、住んだことは…』
という感じだと思います。

そこで、レッスンの途中で、私が住んでいて感じたことなど、お話をしております。
少しだけ頭のブレイクタイムがてら、ですね。

そうやって、少し中国を感じていただきながらだと、
言葉に対しても感覚が変わるかな?と思っております。

カルチャーショック…感じますか?!

今日は…
中国のメニューについてお話をいたしました。

中国のメニューは、4文字が多いんです。
漢字を見ていれば、調理方法などわかるのです。
…ということではありません。

私が一番カルチャーショックだったのは、
メニューが、ほぼ文字だけ、ということなんです。
それから比べると、日本のファミレスのメニューが鮮やかなこと…

ほら、ちょっとだけ、中国が身近になった気がしませんか??